温泉の泉質の種類と効能

体が芯から温まり、疲れがとれる温泉。
温泉は成分によって、塩類泉、特殊成分を含む療養泉、単純温泉に大きく分けられます。
塩類泉には、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉があります。
二酸化炭素線は保温効果が高く、高血圧、動脈硬化、やけどや切り傷に効きます。
炭酸水素塩泉はアルカリ性で黒湯が多く、切り傷や慢性皮膚病に効果がある他、美肌の湯とも呼ばれます。
塩化物泉は湯冷めしにくく、慢性婦人病や慢性皮膚病等に効果があります。
硫酸塩泉は硫酸塩の他にマグネシウム、カルシウム、ナトリウムを含む場合も多く、慢性皮膚病等の他、動脈硬化にも効能があります。
月経障害にも効く含鉄泉、慢性皮膚病に効く含アルミニウム泉、高血圧にも効く含銅鉄泉は、特殊成分を含む療養泉です。
湯の花と独特の匂いが特徴の硫黄泉もこの分類で、慢性婦人病、慢性皮膚病の他、糖尿病にも効能があり、硫黄泉の中でも硫化水素の多いものは酸性で、動脈硬化や高血圧にも効果があります。
慢性皮膚病に効果のある酸性泉や、ホルミシス効果が痛風や胆石にも効く放射能泉も、特殊成分を含む療養泉です。
また単純泉は、湯温が摂氏25度以上で溶存物質量が1kgあたり1g以下のもので、刺激が少なく高齢者や病後の人向きです。
この他に、全ての種類の温泉に共通した効能として、神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、冷え性等の一般的適応症があります。

温泉の効能について

日本は温泉が多く、各地で有名な温泉地があります。
これは通常のお風呂とは違い定義があります。
それは源泉温度が25度以上であるか、特定の成分が規定値に達していることなのです。
泉質と効能では単純温泉、塩類泉、療養泉に大きく分類されます。
単純温泉は神経痛、肩こり、筋肉痛、うちみ、ねんざ、冷え性、疲労回復といったものに効果があります。
塩類泉はきりきず、やけど、皮膚病に効果があり、療養泉は慢性的な皮膚炎から糖尿病や動脈硬化、高血圧、痛風など体の中まで効果があるといわれています。
このような効能とともに、体が芯からあたたまりやすいということで血行が良くなりとても気持ちがいいのです。
それ以外にも露天風呂など長くゆっくり入ることができるのも特長で、環境に恵まれた場所ではそこにいるだけで心身ともにリフレッシュができるのです。
温泉の良さはこれら泉質の効能とストレスを発散してリフレッシュすることができることです。
湯上りの気持ちよさは他ではなかなか味わうことができません。

Valuable information

Last update:2016/7/21

Copyright (C) 2015「おんせん!」All rights reserved.